紙・紙器製品卸販売 .
鳴海屋紙商事株式会社トップページ 取扱い製品 紙の豆知識 紙業提要 福祉活動・環境活動 企業情報・他
鳴海屋紙商事株式会社 << Home

  紙・板紙の計算基準


仕 立 紙は、1,000枚をもって一連とする。
板紙は、100枚をもって一連とする。
寸 法 紙は、ミリメートルを単位とし、小数点1位を四捨五入する。
板紙は、センチメートルを単位とし、小数点1位を四捨五入する。
面 積 平方メートルを単位とし、小数点4位を四捨五入して3位で留める。
ただし、B/四仕立のものは小数点5位を四捨五入して4位で留める。
単位重量 単位重量はメートル坪量(g/u)を基準とし、小数点2位を四捨五入して1位で留める。
連 量 連量の端数整理は、紙の場合小数点1位を二捨三入七捨八入して0.5kg単位に留める。ただし、B/四仕立の場合は、小数点2位を二捨三入七捨八入して0.05kg単位に留め、薄葉紙の場合は、2位を四捨五入して1位で留める。板紙の場合、小数点1位を二捨三入七捨八入して0.5kg単位に留める。ただし、200g/u未満の場合は、紙の端数整理に準ずることがある。
連量表示 紙は、◇印の中に連量を記入する。
板紙は、△印の中に連量を記入する。
号 数 平判板紙の号数は50g/uを最低とし、これを1号とし50g/u毎に1号ずつ号数を加算する。
ただし、400g/u未満は10g/uに区分し、この端数は各号の2・4・6・8と呼称する。
紙・板紙の
計算方法
(A)  紙 連量=単位重量g/u×面積(u)×1,000(枚)
(B)板紙 連量=単位重量g/u×面積(u)× 100(枚)

紙業提要
紙業提要トップ
紙・板紙の計算基準
計算基準・巻取紙算式
紙・板紙の品目分類表
洋紙寸法及面積
標準規格表抜粋・印刷用紙A
標準規格表抜粋・上質コート紙
標準規格 特殊洋紙 1
標準規格 特殊洋紙 2
標準規格 特殊洋紙 3
印刷紙
超軽量印刷用紙
洋紙各判連量比較乗率早見表
板紙寸法及面積・常備連量
コートボール規格表
チップボール・黄ボール規格表
<< 鳴海屋紙商事 HOME
Copyright(C) 2018.NARUMIYA KAMISHOJI.CO.LTD All Right Reserved