紙・紙器製品卸販売 .
鳴海屋紙商事株式会社トップページ 取扱い製品 紙の豆知識 紙業提要 福祉活動・環境活動 企業情報・他
鳴海屋紙商事株式会社 << Home

  紙のサイズ「原紙寸法」



書籍、雑誌、カタログ、パンフレット、カレンダー等の印刷製品には様々な寸法、大きさがありますが、それぞれの製品寸法に合わせて紙を抄造するのではなく、大量に生産された定寸法の中から選択し、加工して使用します。紙の寸法基準として、日本工業規格(JIS)の「原紙寸法」「紙加工仕上げ寸法」があります。


原紙寸法 紙の原紙(元となる紙)の標準寸法で製品仕上げに必要な断裁余白を含んだ寸法のことです。


判型の寸法比較 単位:mm

四六判 788×1091 (mm)

 江戸時代の公用紙として、美濃判(197×272mm)の8倍を大八つ判とし出版物によく使いました。この大八つ判32面取りすると四寸二分×六寸二分の紙が取れました。このため、この用紙を四六判、書籍を四六判書籍と呼びました。

B列本判 765×1085 (mm)

 A0判(841×1189mm)の1.5倍になるのが、B0判(1030×1456mm)でB5判(182×257mm)が16面32頁取れる全紙がB列本判765×1085mmです。

菊判 636×939 (mm)

明治十四年頃、東京のある新聞社が新聞を発行することになりました。日本橋の川上正助店がアメリカン・トレージング会社と約定し、用紙を取り寄せました。
その紙の寸法はアメリカの標準判で24×27inでした。この時、新聞の“聞く”にちなんで菊花をマークとし、この寸法が菊判と呼ばれるようになりました。

A列本判 625×880 (mm)

昭和4年にドイツの規格のA系列を取り入れ、国際規格に一致させて規格化されました。
A5判(148×210mm)が16面32頁取れる全紙がA列本判625×880mmです。

取り扱い製品
各種印刷用紙
各種紙器作成
各種和紙、七夕飾り
紙の豆知識
紙のサイズ1
紙のサイズ2
紙の流れ目「T目、Y目」
紙業提要
紙業提要トップ
紙・板紙の計算基準
計算基準・巻取紙算式
紙・板紙の品目分類表
洋紙寸法及面積
標準規格表抜粋・印刷用紙A
標準規格表抜粋・上質コート紙
標準規格 特殊洋紙 1
標準規格 特殊洋紙 2
標準規格 特殊洋紙 3
印刷紙
超軽量印刷用紙
洋紙各判連量比較乗率早見表
板紙寸法及面積・常備連量
コートボール規格表
チップボール・黄ボール規格表
福祉活動・環境活動
福祉活動の取り組み
環境保護の取り組み
企業情報・他
お問合せ
採用情報
鳴海屋紙商事株式会社概要
お取引先LINK
本社所在地
七夕企画室所在地 Map
サイトマップ



<< 鳴海屋紙商事 HOME
Copyright(C) 2018.NARUMIYA KAMISHOJI.CO.LTD All Right Reserved